日向市長選挙>日向市長選挙犯罪告発人募集!

私は昨日3月26日、2人の弁護士と日向市長選挙犯罪告発について2回目の打ち合わせをしました。告発の準備として二つの準備が必要です。ひとつは、犯罪の特定ですが、これは、ワイワイの動画がありますので、ほぼ完璧にできます。つまり、私の票を西村候補ととや候補に付け替えた人物、日時、場所、動作が特定できます。犯人は、取り調べでこれを否定することは不可能です。もうひとつは、共同告発人の募集です。この犯罪は、自民党独裁が生んだ腐敗権力構造が凝縮した事件であり、民主主義に対する冒涜であり挑戦です。したがって、この告発は、健全な社会と民主主義を守る戦いです。これに賛同しない人は西村支援者以外いないと思いますが、問題は、「行動を起こすかどうか」です。

なぜ日本がこれほどまでに腐敗し、劣悪な政治家と公務員ばかりが増えたのか、その大きな理由のひとつが、国民の無関心です。国民が無関心で、煩わしいことには関わりたくないという考えに支配され、何ら行動を起こさなかったことが腐敗権力の勢力拡大をもたらしました。
皆さん、もういい加減気づいてください。私一人頑張っても社会は変わりませんし、社会はよくなりません。ここで市民が立ち上がらないなら、子や孫に対して無責任過ぎます。共同告発人を募集します。義務はありません。費用も必要ありません。必要なのは、「良心と勇気」です。

希望者は、メールアドレスson@mikyj.sakura.ne.jp宛に、「日向市長選挙犯罪告発人希望」と書いて、住所・氏名・電話番号を記載して送信してください。告発状提出時期は確定していませんが〆切の目途としては1週間以内です。告発状には押印が必要となりますが、準備ができ次第私が電話連絡後に伺います。よろしくお願いします。
ブログ黄門隊でも募集を呼びかけます。

ところで、私は昨日、とや候補と西村候補に、今回投票された票の現物を3者一緒に確認することを申し入れました。1日経って、二人から承諾の回答は来ていません。

今回の選挙犯罪は、私の票を西村候補ととや候補に付け替えた事件です。これはあくまで私の予想ですが、実際に当選したのはとや候補か私です。実は、私は、戦前西村候補ととや候補は8000票に届かないと予想していました。そして、私自身は、8000票を上回ると予想していました。そして、投票日前日、マスコミの予想は五分五分でした。

そこで、西村陣営は危機感を持ち、確実に勝つ対策を打つことにしました。それが選挙犯罪です。要するに、普通の対策では負ける可能性があったということです。

その方法とは、私の票を奪うことでした。また、単に奪うだけではなく、大量に奪うことにしました。私の供託金を没収して再起不能にしようと考えたのです。そこで、裏工作をして、何か特別なご褒美を準備して世紀の犯罪を企てたのです。

私の供託金を没収するという究極の犯罪を実行したくらいですから、それはそれは、立役者には特別なご褒美が配られる筈です。特別なご褒美とは、金かポストです。

私から西村候補に付け加えられた票数は約5000票、とや候補に付け加えられた票数は約1500票、その結果は次のようになります。

西村候補、13148-5000=8148

とや候補、10059-1500=8559

私、2154+6500=8654

つまり、仮にこの通りだったら、当選者は私です。

これを確かめるには、開票結果の現物を再確認する以外にありません。私の申し入れに対して、なぜ二人は承諾しないのでしょうか?とりわけ、西村候補は、選挙犯罪の事実を知っているので、本当の結果を知られたくないのです。
どちらにしても、西村候補の市長職は本当の結果がわかるまでの仮の姿に過ぎません。これは、全国を揺るがす事件になります。宮崎県日向市は、全国に恥をさらすことになりますが、そうでもしないことには、この腐敗した市政は変わらないでしょう。逆に変わるまたとないチャンスです。このチャンスを逃したら、日向市民は全国民から救いようのない間抜けと言われるでしょう。逆に、日向市民がこの事件を解決すれば、次期衆議院議員選挙にも間違いなく大きな影響をもたらしますから、国民に感謝されます。

まさに天国か地獄です。日向市民の皆さん、この歴史的な事件の重大さを認識して、立ち上がってください。共同告発人になるだけで、日向市を立ち直らせて、日本の歴史を変えることができます。

さて、今のところ、職員から救済措置を求める者は名乗り出ていませんが、このままだと、確実に二桁以上の有罪者が出ます。私は、繰り返し中継録画を見ていますが、犯行にかかわったと特定できる人物が見る度に増えています。

私がピックアップした者以外でも、救済措置を求める方は連絡してください。捜査が始まったら、私が救済したくてももうできなくなります。

また、開票作業に関わった職員のほとんどは、この犯罪について知っている筈です。良心に基づいて行動してください。日向市をこれ以上腐敗した場所にしないためには、一人一人が倫理道徳を踏まえて、良心に基づき、勇気をもって行動しなければなりません。良心や勇気を捨てないでください。それは、自殺行為です。

私たち自身の日向市です。日向市民が日向市を見捨ててはいけません。あなたが良心に背けば、一生後悔することになります。
私は明日から、共同告発人のお願いにまわります。皆さん、どうか市民として社会人として責任ある行動をとり、一緒に日向市を立て直しましょう。
そして、ここ日向市から日本を変えて、日向市の新たな歴史を作りましょう。

それから、改めて報告しますが、西村候補の例の選挙違反ポスターと違反のぼり旗事件ですが、近く書類送検するという報告が県警から弁護士にありました。これも、普通なら起訴されて有罪になる内容です。もしこれが、不起訴になったら、権力が犯罪もみ消しを図ったということです。これもまた、腐敗社会のバロメーターになります。早い話、日本は安倍政権後半以降、権力者は犯罪をしても捕まらない国になりましたので、悪の天国、国民の地獄という構図が定着しました。つまり、異常な状態が普通になって、権力者が普通に犯罪をする国になったのです。
それを終わらせるには、自民党政権を倒す以外ありません。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク