政治塾案内

黒木あきみつ政治塾開講

まだ政治家でもない私が政治塾を主催するというのは、大変おこがましい話ですが、この政治塾の目的は、教えるというより情報提供と提言です。
したがって、政治塾より政治報告会が正しい表現なのですが、「共に学び、共に考えましょう!」というメッセージを込めて、政治塾としました。

以下が、パート1のスケジュールです。
(今後政治塾は、毎月定期的に開講する予定です。)

時間 PM7:00~9:00

1.11/5 「財政の危機的状況」
平成28年度に日向市が支払った金利は、6億5900万円にのぼります。
これは、1日当たりに直すと181万円です。
この数字だけを見ても危機的状況を示しています。

2.11/6 「日向市カトウ裁判の真実」
日向市カトウ裁判については、11月21日に判決が出ますが、判決は当事件の一部でしかなく、日向市民にとって重要なのは、全体像であり、行政の有り方です。
私は、実は全体像が分かっている唯一の存在ですので、その観点で説明します。

3.11/7 「提言する財政改革案」
日向市は、今現在、ほとんど抜本的な財政改革に取り組んでいません。
私に言わせれば、放漫経営を続けています。
一刻の猶予もないと言わねばなりません。

4.11/8 「日向市サーフィン関連問題」
多くの市民が知らない所で、上滑りした、かつ根拠希薄のプロジェクトが進められています。
日向市には、当然なければいけないマネジメントという価値観、手法が不在です。

5.11/9 「市経済と東九州振興機構構想」
日向市経済を展望するとき、ひとつは市民全体に還元される堅実な利益、もうひとつが、永続的発展を約束する力強い起爆剤が求められています。
それを実現するための、私が考える基本構想をお話します。

参加費:無料

定員:16名 *定員になり次第、申込受付を終了いたします。

場所:黒木あきみつ事務所(日向市財光寺沖の原908-1)

「準備がありますので、必ず前日までに電話にて、℡0982(95)0002までお申込ください。」

質問にもお答えします!

日向市は、根本的に非常に厳しい情況がありますが、それを市民に知られないように、行政が四苦八苦しつつ隠しているのが現状です。
しかし、放置すればするほど、情況は悲惨さを増すことになります。
ですから、私は、一刻も早く改革に着手しなければならないと考えています。
そのことをこの政治塾で伝え、何も知らされていない市民を目覚めさせたいと願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク