第11話「最高裁報告事件」

「最高裁報告事件」 という事件があるそうである。
つまり、最高裁からの指示によって、進捗状況を直接最高裁に報告しなければいけない事件のことだ。
早い話、最高裁が政治的に判決を決めると言われている。
白を黒とし、もしくは黒を白とする、所謂冤罪や不当判決でもある。

第7話「差別とパワハラ、裁判官の実態」で述べたが、平成29年12月26日の尋問において、私は、早川伶奈裁判官に差別とパワハラを受けた。
受けた時は、一体何が起こっているのか理解できなかった。
裁判官は中立であるという先入観があるため、実際に受けた差別とパワハラは理解を超えており、一瞬、客観的な事実を把握できなかった。
それに、相手方証人と原告の凄まじい出鱈目供述に注意を奪われ、相対的な問題評価が低位になり、認識が遅れた。

約4時間に渡った尋問調書の内容を検証してみると、ほぼ全面的かつ作為的に相手方有利に尋問が行われていることが確認できた。
理由のひとつは、証人と原告の凄まじい出鱈目供述内容が、早川裁判官に大筋認容されていること。
もうひとつが、早川裁判官による私に対する差別とパワハラ発言だった。

早川裁判官による私に対する差別とパワハラ発言は、差別(相手方に対するアシスト)33ヶ所、パワハラ10ヶ所、合計43ヶ所にもなった。
曖昧なものを含めるともっとあるが、屈辱的体験に相応しい数には違いない。

裁判制度の存在価値を自己否定する愚挙

早川裁判官の目的は、不当判決を書くための証拠固めだったことは間違いない。
尋問調書の全編に渡ってその意図が貫かれている。
また、組織的な強い指示に基づいているに違いない。
裁判官個人の判断で、これほど積極的かつ明確に不正義の実現を図る理由は見当たらず、政治的な圧力以外に考えられないからである。
よく言われるところの〇〇案件である。
そして、「最高裁報告事件」かもしれない。

これは完全に病的現象であり、国自身による自爆行為だ。
権力者が、卑しい民間人と手を取り合って国を滅ぼす不正義の実現を図るというのは、遅れた知能の退廃国家の証明以外の何ものでもない。

裁判所自体も、裁判制度の存在価値を自己否定することになり、自ら公共の福祉を犠牲にして組織の繁栄を図る〇〇〇労働党的な国の病巣と化す究極の愚行だ。
裁判官が権力者に寄り添って、実に人を馬鹿にした尋問のドタバタ田舎芝居を演出し、負けさせたい当事者に、ウソと差別と嫌がらせを浴びせかける。
早川裁判官の不正義を働く様は、中学校の教科書で習った「司法権の独立」や「権力の番人」には程遠い、淋しく憐れな低俗国家の役人の姿だった。

私は、国全体の平和と繁栄を願う国民の一人として、そうした病的現象を認容することなどできない。

本件が、〇〇案件、あるいは「最高裁報告事件」なのか、そして、今の日本の裁判制度が本当に信頼に値しないのか、判決を見れば分かるだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. えいべい より:

    1審は見識のない裁判官より不当判決を受け敗訴した。
    2審では真実を明らかにして、徹底して闘う。

  2. ふぉるく より:

    最高裁報告事件は、1961年の判例にも公然と出てきています。
    出発点は刑事事件
    2015年から、国の意図丸出しの、大幅な範囲の拡大で最高裁課長名で指示が出ましたその中には、なんと! 一般民事の労働事件 賃金請求等 は受理の段階。
    (村木厚子厚生労働事務次官の時代」)

    行政事件は第1審終結までに法定代理人がいなかった場合が入っています。
    前者は私、後者は黄門さまですね。

    「司法行政事務処理上の参考資料を得るために外ならず、裁判に対し何等の圧力を加えるものでない。」そうです。ゴイムの反抗はもらさず報告せよ!ですね

  3. えいべい より:

    ペリーも驚いた、素晴らしい町並み。現代も銀座通り地元協議会の皆さんは立派です。世界にも一目置かれるような誇り高い日本であるべきなのに残念ですね。

  4. えいべい より:

    どのような状況になろうとも、命を護る為の叫びは人間として当然の権利である。

  5. えいべい より:

    小学校で男の子が隣席の女の子へledペンライトを向けた。女の子は迷惑だから止めて欲しいと言った。男の子は言った。隣にライトを向けてならないと言う規則は学校にないと言った。女の子は言った。自分がされて嫌なことは人にしてはならないといった。男の子は言った。自分は迷惑と思ってない自分の勝手であると言った。これは大人にも問いたい。

  6. えいべい より:

    屋上はリビングであり、大事な所有権の及ぶ生活空間だ。何人もエゴの侵害してはならない。

  7. えいべい より:

    反復継続し執拗に侵害すれば、迷惑を越えて暴力となる。

  8. えいべい より:

    禿げた、禿げた、堪えきれずに禿げてしまった。

  9. えいべい より:

    子女は生殖機能を犯され、男は縮命となる。

  10. えいべい より:

    政治屋の世の中になれば、人心は乱れ賄賂が横行し世はすさみ、国および民は窮乏していく。
    策士の世の中になれば、国は亡国していく。
    政治家の世の中になれば、民および国も発展幸せになって行くんでないかと余は考える。

  11. えいべい より:

    小学校では男の子の父親が言った。市も警察も俺の思い通りになっとぞ!
    校長は忖度して女の子を退学処分にした。
    小学校では隣席にライトを向けて構わないと悪しき慣行のみが残った。

  12. えいべい より:

    加計の元顧問真面目に読みましたか?、憲法抵触だらけです。違いますか?

  13. えいべい より:

    ロボット3等兵は円を持って行ってもバナナ売ってもらえず、鼻紙にされました。アメリカ兵はドルを持って行って沢山バナナ売って貰えました。幼少の頃のマンガです。
    世界から信頼されることで、日本は繁栄することが出来ました。円を持って行っても何も買えない国にしてはいけません。いかに世界から信頼される事が大切か。国は世界からファシストと云われないように注意してほしい。

  14. えいべい より:

    小人は利権に群がり、利権を煽る。
    君子は民及び国を憂う。

  15. えいべい より:

    コロナウイルスから命を守ろう!
    殺虫、殺人光線から命を守ろう!

  16. えいべい より:

    ドローンは生活空間侵害しては、ならない。
    殺人光線は良いのか?

  17. えいべい より:

    深夜、癒着と暴力がおこなわれている。

  18. えいべい より:

    深夜、癒着と暴力が行われている。

  19. えいべい より:

    深夜、癒着と暴力が行われている!

  20. えいべい より:

    非常識なことをして、応募する人がいるのだろつか?

  21. えいべい より:

    若い人に夢を持たせる行為でなく、失望させる行為である。

  22. えいべい より:

    法務大臣逮捕されたね。ガッカリだね。これも関与してないかと疑いたくなる。

  23. えいべい より:

    漏れ光でも何でもない。完全な加害行為である。

  24. えいべい より:

    総ての人は、自分がこんなことされたら嫌で怒るであろうと考えるであろう。中には失望観で、気持ちを押し殺す人もいるだろう。これが此の国の現実かと、諦める人もいるだろう。困ったもんだ。

  25. えいべい より:

    これはイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ギリシャ、韓国、銀座を含めた日本中、そして世界中が、日本の司法はどうなっているんだろうと、驚き、呆れる行為だ。

  26. えいべい より:

    どれだけ見上げれば、青空が見られる様になるのだろうか!
    どれだけ、耳をつければ聞こえるのだろうか!
    答えは、風のなかにある。
    ボブ、ディラン

  27. えいべい より:

    税金使って、お手伝い。泣くは民のみぞ。

  28. えいべい より:

    違法、不法、不正法治国家の根幹を壊す。
    総合的に勘案して、これを許可するとあるが、何を勘案したのか?

  29. えいべい より:

    不動産業者は不当誘引したら罰せられるが
    弁護士さんも不当誘引するんだね。

  30. えいべい より:

    ボンクラ頭叩いて診れば無駄遣いの音がする。
    民の幸せを考え健全に地域経済、民生を考える事が第一ではないか。
    何を考えてやっているか、悲しいね。

  31. えいべい より:

    日々頭上より終日あびる殺人光線

  32. えいべい より:

    殺人光線の人体実験

  33. えいべい より:

    殺人光線の人体実験お手伝い

  34. えいべい より:

    恐ろしい社会が形成される序幕

  35. えいべい より:

    環境大臣、君は政治家か?それとも政治屋か?どっちだ?

  36. えいべい より:

    突出する25万カンデラ殺人光線の直下には、大型ガスタンクがある。消防もお手伝い。

  37. えいべい より:

    殺人光線は政治家であるか?政治屋であるか?の判断基準であり踏み絵だ。

  38. えいべい より:

    奉行は馬鹿だったのか?それとも出世したかったのか?

  39. えいべい より:

    日々延々と続く殺人光線人体実験、照射される人は精神的にも耐えられず寿命が縮まっていく。
    隣住宅に向けているにも関わらず、向けてないという。詭弁だ。詭弁の為の不当誘引。
    規制権限行使義務違反は明瞭だ。

  40. えいべい より:

    もうすぐ選挙がある。橋を渡る候補者は巨大光源について言及すべき。常識ある人か?政治屋か?政治家か?判断したい。
    無視は政治屋と見なす。

  41. えいべい より:

    都市計画法上用途地域が近商、商業であれば、隣住宅に巨大光源を向けて良いというような憲法違反の規定はどこにもない。

  42. えいべい より:

    えいべいは老いてしまいました。その辺りの犬コロよりも余命短くなりました。黄門様の様に本を書いたりして行動したいことも、色々ありますが、無理かもしれません。黄門様の気骨には、感心し敬意を表します。

  43. えいべい より:

    市がこの巨大デジタルサイネージから情宣公告を始めた。被害を訴えれば、迫害を始めた。規制権限行使義務違反を行ったうえ被害を訴えれば今度は迫害を始めた。駅周辺の商業地を選らばず被害を訴えている住民の頭上を何故照射するのか。

  44. えいべい より:

    迫害行為に税金がつかわれている。

  45. えいべい より:

    真実は地方裁判所で上告理由書が閲覧できます。

  46. えいべい より:

    市がファシストを始めた。

  47. えいべい より:

    市がファシストを始めた‼️

  48. えいべい より:

    ファシストの集団は誰だ

  49. えいべい より:

    直下で見れば、恐怖がわかる。あのワイヤーが錆びて切れる時。

  50. えいべい より:

    あの高所重量屋上突出看板落下すれば、我が家倒壊、積み木崩しで隣家も倒壊、地震台風時の恐怖である。

  51. えいべい より:

    原子力も人類にとって有用となる部分がある反面、使い方を誤ると大変危険なものとなる。
    LED光も省エネで有用である反面、同様に使い方を誤ると生命に害を及ぼし人に迷惑をかけることもあるため、常識を欠く使いかたをしてはならない。
    世の中デジタル化の方向に進むのは理解するが、追従出来ない高齢者がいることも忘れてはならない。

  52. えいべい より:

    子供達は皆この非常識を理解する。
    非常識なファシストが、弾圧を開始した。

  53. えいべい より:

    まだ迫害は続いている。税金使って出鱈目をする。

  54. えいべい より:

    頭上の恐怖、命の危険。

  55. えいべい より:

    環境月間、対岸には病院がくる。
    倫理、環境両面から考える必要がある。

  56. えいべい より:

    反復継続して執拗に侵害すれば、迷惑を越えて暴力となる。

  57. えいべい より:

    いつまで続く殺人光線、いつまで続く頭上の恐怖‼️

  58. えいべい より:

    屋上付き建売分譲してる人に質問
    質問 隣家から巨大光源向けられました?
    回答 頭髪上指

  59. えいべい より:

    この巨大光源から、子供達は一体何を学ぶだろうか?

  60. えいべい より:

    税金を使って殺人光線。

  61. えいべい より:

    とんでもないファシスト行為である。25万カンデラ殺人光線。

  62. えいべい より:

    命を守る為の叫びは、人間として当然の権利である。

  63. えいべい より:

    延々と続く暴力、延々と続く苦痛、恐怖。

  64. えいべい より:

    その全面は隣の家である。その全面は隣の所有権である。隣に向けて、隣に向けてないと云う。誰が聞いてもおかしい。
    無理な詭弁を使っても誰も信じない。

  65. えいべい より:

    頭上にぶら下がる凶器、台風、地震時恐怖が走る。過去病院の看板は吹きとんだ。

  66. えいべい より:

    事故が起こり、人が死なないとわからないようでは困ります。

  67. えいべい より:

    私達はこの暴力から、解放されたいと願っている。

  68. えいべい より:

    施工した工事会社はどこかへ消えてしまっている。

  69. えいべい より:

    熱海事件は教訓とすべし。

  70. えいべい より:

    暴力はいつまで続く。

  71. えいべい より:

    殺人光線なければ、もっと長生き出来たのに。

  72. えいべい より:

    死んだ人は、惜しまれる。

  73. えいべい より:

    頭上の凶器、恐怖の日々

  74. えいべい より:

    超重量屋上突出看板であり、偽装だらけの危険なものである。

  75. えいべい より:

    いつまで続く殺人光線、いつまで続く頭上の凶器

  76. えいべい より:

    非人道的な考え方の根底が、此処に見られる。

  77. えいべい より:

    落下の破壊力は、凄まじい

  78. えいべい より:

    いずれ劣化する、いずれ落下する時がくる。悪魔が来たりて笛をふく。

  79. えいべい より:

    いつまで続く頭上の凶器、いつまで続く殺人光線。

  80. えいべい より:

    どんな乱暴なことも、やったもん勝ち。他人が死のうが知るか!の発想だね。これじゃ許可申請する人いなくなる。

  81. えいべい より:

    いじめ、虐待は許されるものではない、政府は此れに取り組むと加藤官房長官のはなしである。いじめ、虐待を超えて暴力は許されるのか。

  82. えいべい より:

    当初からの真実を知れば皆、驚愕する。

  83. えいべい より:

    いつまで続く頭上の凶器、いつまで続く殺人光線!

  84. えいべい より:

    北方領土と同じじゃ困る😠

  85. えいべい より:

    ファシストは捕まえろ!